一期一会

お取引させて頂いている会社のとってもダンディな所長さんとカッコイイ営業さんにお会いする機会がありました。
年末の挨拶かしら?と思っていましたが今回は所長さんの転勤の挨拶でした。(ちょっと残念)大きな会社は転勤先も色々で今回は海外赴任との事、ますます残念です。
色々なお話を伺う中でビックリした事がありました。

一つ目はその会社さんの嗜好を凝らした社員旅行のお話し。
普通の旅行ではなく、色々なところにサプライズをプラスしていくそうです。宿泊ホテルやレストランもコンセプトが必須条件とか。見学先もたっぷりで自由時間なんて無いくらいのイベント目白押しの旅行だそうです。その準備を旅行会社に丸投げするのでは無く、ホスト役の方が何ヶ月も前から準備されるそうです。 社員それぞれの事を考えて個々に違ったサプライズを用意するなんて大変だと思います。所長さんはサラリと『その準備を楽しんでいましたよ』とおっしゃっていました。 それが恒例なんだとか。なんて素敵な会社でしょう! ちなみに、営業さんはそのサプライズギフトをすでに5回ぐらい受け取ったとか。社員さんが羨ましく思いました。

二つ目は日本人・日本企業としての今後について。
もちろん私も所長さんも経営者ではありませんが、世界の中で生き抜く為に日本人としてどんな事がこれから出来るだろうか、どんな事が求められているのだろうか・・・と。とてもグローバルなお話しで、田んぼに囲まれた弊社ではなかなか考えない事ばかりでした。 

でもね、なによりもビックリした事は大きな会社の所長さんと営業さんが来社された事でした。
弊社との取引規模なんて本当に小額なんです。(ごめんなさい!) それなのにわざわざ県外から挨拶にみえた事に本当にビックリしました。 

気さくでカッコイイ所長さんのお話が心に響き、楽しく、有意義なひとときでした。本当にありがとうございました。